本文へスキップ

横浜国立大学は海洋環境保全のための船舶関連研究拠点を設置しました。

〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5


その他の検討事項  Others

 BallaStreamは従来の船舶の比較的シンプルな改良版なので実用的なバラスト水問題の対策と考えられますが、従来船とは異なる構造やオペレーションもいくつかありますので種々の検討を行ってきました。

 構造強度に関しては、参考文献[?]に検討結果を示しました。また、船体外に突起物をつけることによる抵抗増加に関しては参考文献[?]に検討結果を報告しました。復原性能については、本年度中に論文発表を予定しています。これらの研究によって、本方式を採用しても従来型船舶に比較してほとんど性能が変化しないことが分かりました。さらに、流入口、流出口の形状と海水同化性能の関係についても参考文献[?]に報告済みです。一例として、図9は出口形状と海水同化性能の関係を示しています。



                      図9.


横浜国立大学

〒240-8501
横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5

お問い合わせ先:準備中